活動概要

ウィッグリングジャパン

2010年7月。ウィッグリング・ジャパンは活動を開始しました。

昔から、「髪は女の命」と言われます。がん治療に有効とされる抗がん剤治療ですが、
副作用として「脱毛」する場合が多いのもまた事実です。
女性にとって髪を失うことで受ける精神的ダメージは計り知れません。
また、その「脱毛」をサポートするウィッグ。これは、女性にとっての大きな心の支えになるものですが、
医療用かつらは高額のものが多いため、抗がん剤治療を進めて行く上ではかなりの経済的負担と
なってしまいます。抗がん剤に立ち向かう心と身体の負担、そして、脱毛することで受ける精神的負担。

それを軽減しようと私たちは活動をはじめました。

ウィッグリング・ジャパンの活動は、がん治療を終えた患者さんから、使用していたウィッグを
ご提供頂き、今まさにがんと闘う女性たちへと再提供するサイクルとなっています。
がん治療を乗り越えたサバイバーの皆さんから、闘病する女性へウィッグを提供することで、
がんと闘う勇気を繋ぎ、笑顔と希望を届けます。
そして女性としての自信や喜びを取り戻していただきたいと私たちは願っています。

ウィッグが勇気のバトンになります。

その他に、ウィッグリング・ジャパンでは、治療中に必要になる商品の紹介や販売、
新品のウィッグの販売、また、医療情報誌「ヘルシーリング」を通じてヘルスケアと医療に関する
情報提供を行って参ります。
がん患者が情報交換できる交流サロンの運営、定期的なセミナーなどの開催、
インターネットを通じての情報発信など、様々な形でがんと闘う女性をサポートしていきます。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

賛助会員について】 【ご寄付のお願い】 【ウィッグ提供のお願い

 

ウィッグレンタルサロン